実行委員会解散と雑誌「キッズファミリー」での学校紹介

今日は昼間でも寒く、今秋はじめて昼間に長袖を着たヤマモトです。こんにちは。
そろそろ、南国鹿児島でも秋は終盤、冬の足音が聞こえてきたような感じがします。
今夜は豚汁作りました。こういう寒い夜は、体の温まるものがいいですね。

さて、今日は午前中、川辺町役場の方で、10月28日に行われたお祭り、「モノ作りたちによる収穫祭 in かわなべ森の学校」の反省会がありました。
やはり、一番問題となったのは、準備期間が短すぎたために大変だったこと、できなかったこと等あったので、今後は、もっと余裕を持ってやろうということでした。
いろいろ良かった点、反省すべき点が出ました。
来年またこのお祭りをやるにあたって、このことが参考になり、生かしていければと思います。
そして、みな、第一回の収穫祭を無事終えることができ、満足感に満たされて、反省会を終え、実行委員会の解散となりました。

今回のお祭りは、実行委員会を中心としながら、大勢の皆様のご協力の上に開催する事ができました。本当にありがとうございました。
「南九州市」となりましても、また来年も「モノ作りたちの収穫祭」は行いたいと思いますので、今後とも、また、ご協力をお願いいたします。

地元に住んでいながら、地元の事を知らない事が多いです。このお祭りを通じて、地元にはこんなにすばらしいものがあるのだということを再確認し、そして、地元外の方達に紹介し、また、参加者のほうも、参加者同士の横の繋がりを深め、より濃い内容のあるお祭りにしていけば、すばらしい地域の発展にも繋がるのではないでしょうか。

とにもかくにも、第一回のお祭りは終わりました。これからも末永く続いていけるよう願っております。
皆様、ほんとうに、ありがとうございました。



さて、話は変わって、雑誌「キッズファミリー」にかわなべ森の学校が紹介されました。
県内の「親子で遊べる施設・場所」ということでご紹介いただきました。
県内、各書店で絶賛発売中です。
雑誌が目にとまりましたら、是非、御覧くださいませ。
c0134260_036041.jpg
c0134260_0363445.jpg

[PR]
# by NPO-PandA-KFS | 2007-11-02 23:00

川辺町文化祭へ出展

夕べブログを書くつもりが、睡魔に負けてしまった、管理人ヤマモトです。こんにちは。

お祭りが終わって、筋肉痛も治って、ホッとしたのもつかの間。。。
ここ川辺町では、11月3日に、町の文化際があります。
今回、その文化祭に、お祭りのワークショップで行った、Kodomo-Artsを展示する事になりました。
展示期間は、11月1日~4日の予定。
そのため、昨日は作品の展示場所である町の体育館に搬入しなければならず、その準備で、午前中から、森の学校で、ぱんださんとバタバタしておりました。

森の学校に到着すると、とても珍しい鳥が。。。
c0134260_8223455.jpg

多分、鷺の種類だとは思うのですが、普通何処にでもいる、白鷺とは違って、とっても大きいのです。まるで、鶴。しかも灰色なので、鹿児島県の出水市に飛来する、ナベ鶴とか、マナ鶴とかにもそっくりなので、最初、鶴かと思いました。
川辺は、字の通り、川の多いところなので、こういった、珍しい鳥が、よく見かけられます。
学校でもいろいろな鳥を見かけますので、是非遊びにいらしてくださいね。

さて、話を戻して、文化祭出展の準備ですが、
横5m、縦90cm×4枚の絵の最終的な仕上げが済んだ後、それをひっくり返して、一枚の絵、つまり、横5m×縦3m36cmの大きな絵に繋げて、展示場所の体育館に持って行きました。

あまりにも大きいので、体育館の中の2階の手すりからぶら下げることに。
絵の裏の上に竹ざおを2本横並びに貼り付けて、紐を何箇所かくくりつけて、手すりから絵をぶらさげます。
か弱い(?)女性2人でのこの作業は、結構大変です。
・・・・私、高所恐怖症での上、大きな絵の重さと、破いたらいけないという超緊張感で、怖くて怖くて、全然つかいものにならず。。。(--;
 「怖い 怖い」と連発しながらの作業となりました。
お祭りのときに描いた絵は、用紙4枚。でも重さが軽くて、まだよかったのです。
せっかくだからと、先日、かごしま県民交流センターでおこなった、「国際子供フェスティバル」の時の作品も展示する事にしたのですが、同じ用紙の枚数、4枚なのに、参加者が多くて、ペイントの重なりの量が多かったのか、お祭りの時の作品よりとても重たく感じて、とても難しい作業でした。
下に落っことしたら、一巻の終わり!!破けて台無しになってしまいます。
もうほんとに、冷や汗もので、足がガクガクするし、ぱんださんからは笑われるし、まったくもって、だらしなかったヤマモトでした(笑)

それでも、無事2作品展示する事ができました。
こんな感じなんですよ。
c0134260_845597.jpg


c0134260_848597.jpg絵の横に、この前の「モノつくり達による収穫祭 in かわなべ森の学校」でおこなった作品で、子供から大人まで、みなさんで作った作品であるという事、Kodomo-Artsの説明書きもつけました。

c0134260_852324.jpg1作品ごとアップにしてみると。。。
これが、お祭りの時の作品です。

c0134260_8543058.jpgこれは、国際交流子供フェスティバルの時の作品

広い場所で、思いっきり広げて、展示すると、すばらしいものですね。
改めてKodomo-Artsをやる事の意味、すばらしさをまた認識したような気がしました。

ところで、文化祭ですから、色々な展示があります。
c0134260_8575711.jpg絵、写真、手芸、書道、様々なものが展示されています。
その中で、小学校別の展示があり、神殿小学校のところで、この前お祭りで、すばらしい演奏を披露してくださった、「ほたる太鼓」のみなさんの写真も展示してありました。

c0134260_903271.jpgお祭りで演奏をしている様子の写真です。

展示が終わったら、またしても、外は真っ暗。。。
ぱんださんも私もヘトヘトでありました(笑)

この文化祭は、11月1日~4日まで、川辺町体育館(川辺町文化会館横の道より諏訪公園方面へ登り、陸上グラウンドを通り過ぎるとあります)で展示されておりますので、是非ご来場いただいて、この作品を御覧になっていただきたいと思います。
一人一人の個性を出し合ってできるこの1枚の絵は、どんなに有名な絵描きさんでも現せない不思議な力、パワーを感じます。色々な気持ちや、表現力が重なり、繋がりあうと、どんなものになるか、是非、御覧になって、感じていただきたいなと思っています。

皆様、是非、いらしてくださいね。
そして、また行う時は、随時紹介していきたいと思いますので、是非今度はご自身が参加してみてください!
[PR]
# by NPO-PandA-KFS | 2007-11-01 09:00

モノ作りたちによる収穫祭 in かわなべ森の学校

お祭り終わり、筋肉痛と共に、ほっとしている、ヤマモトです。こんにちは。

10月28日、すばらしい、澄みきった青空の下、ここ「かわなべ森の学校」で、川辺町として、最初で最後の、お祭りがありました。
 
前日の27日は、朝8時には集合して、お祭り準備。

c0134260_2283236.jpg   c0134260_2285849.jpg

c0134260_2291719.jpg
c0134260_2293159.jpg

最後の追い込み。。しかし、肝心なテント立てや、布で作った横断幕は台風通過のための強風で、設置できず、当日朝にすることに。。ちょっと一抹の不安が。。。間に合うんだろうか??
準備でへとへとのスタッフ。でも夕方まで、ながんばりました。


さて、28日当日。。
お天気は前日と違って、風もなく、すばらしい晴天!むしろ、暑くて、日焼けを心配するほど。
 
8時にスタッフ、出展者9時に集合して、

c0134260_2216238.jpg代表者のあいさつがあり、

c0134260_22182460.jpg祭りの最後の準備開始。

c0134260_221967.jpgりっぱなお祭り横断幕も張れました。 

c0134260_22251286.jpgさて、10時。。いよいよ、「モノ作りたちによる収穫祭 in かわなべ森の学校」の開催です。
この日は、川辺町では、JAの「川辺町農業祭」、川辺やすらぎの郷(道の駅)でも催し物、近隣市町でも、いろいろなお祭りと、イベント尽くしで、私たちスタッフは、一番交通の便が悪いここのお祭りにはたして、どれくらいくるのか、とても心配していました。
c0134260_22253729.jpgしかし、開催してみると、10時と共に、たくさんの人出。。

c0134260_22263711.jpg川辺焼の今までの集大成の発表の場でもある、今回のお祭り。
陶芸家のみなさんも、精魂込めて作った作品を展示販売したり、体験コーナーでは、陶芸体験、陶芸絵付け体験なども行いました。

c0134260_22514949.jpg学校のシンボルでもある大きな楠の木では、前回の日記で紹介したツリークライミング。
大人から、子供まで、多分、初めてであろうこの木登り体験に、歓声をあげながら、楽しんでいました。

c0134260_2255290.jpg一方校庭内では、川辺馬事公苑からやってきた、どさんこの「リキオウ」君が、引き馬をしてくれました。
c0134260_22553160.jpg本当に、おとなしいお馬さんで、ゆっくりゆっくり校庭を一周。小さい子はもちろん、大人の人まで、大人気でした。

c0134260_22555766.jpgこのお馬さんは、来年NHKの大河ドラマ「篤姫」にも出演するそうですよ。


c0134260_22595578.jpg「木で遊ぼう!」のコーナー。
午前中のバターナイフ作りは、お天気がいいので、急遽青空の下で行う事になりました。
c0134260_2301929.jpg素敵な木のバターナイフができたようです。これから、パンを食べる時には、このバターナイフが大活躍する事でしょう。

c0134260_2344742.jpg午後からは、いろいろな木、板や、流木などを作って遊びました。
c0134260_2353762.jpg

c0134260_2361270.jpg完成したら、作品を手に、記念写真。上手にできました!



c0134260_232325.jpg楠の木の近くでは、喫茶店も。
おいしい手作りのハーブティーとケーキのセットで、みんな満足。


校庭の周りには、色々なお店が。。
このお祭りは、あくまでも「手作り」である事が条件です。
素敵な木工品、竹細工、アクセサリー、染色織物、手芸品、判子、小物雑貨と、たくさんのお店が開店しました。

食べ物もたくさん。。
川辺の地元の方々で作っている、「長谷ふるさと村」さんでは、「長谷茶屋」というお店を出して、新米で作ったとってもおいしいおにぎり、古代米でつくった、赤飯の様に赤いおにぎりのセット、芋を細長く切って掻揚げにした、鹿児島弁で「がね(=蟹・・揚げた形が蟹に似ているので)」というてんぷら。前日仕込んで、たっぷり味のしみこんだおでん。

c0134260_23191463.jpg大人気で、たくさんのお客様が並んでいました。

c0134260_23205055.jpg川辺牛も網焼きで。柔らかくて、とてもおいしいでした。

c0134260_23221482.jpgブルーベリーのジャムやパイ、ブルーベリーのソースがかかったカキ氷(これは絶品でした)、手作りのパン。
地元で取れた、新米に芋。手作りこんにゃく。おいしい珈琲にクレープ。
もうどれをとってもすばらしいものばかり。


c0134260_2328532.jpgそして、ライブでは、午前は、神殿小学校の生徒さんによる「ほたる太鼓」、午後は、川辺町の大人の方のグループ「磨崖仏太鼓」の演奏がおこなわれました。

c0134260_23292059.jpg真っ赤な半被に、ねじり鉢巻、みんな元気よく、すばらしい演奏を聴かせてくれました。
元気を貰った感じがします。

c0134260_233308.jpg
c0134260_23332594.jpg磨崖仏太鼓の方は、大人の方という事もあって、迫力があります。 
ドンドコ、ドンドコ、カッ!カッ!
地面から揺さぶられるような、力強い音でした。


c0134260_23361517.jpgまた、秋らしく、シャンソンのライブも。。。素敵な歌声に、ちいさなお子ちゃまもうっとり~♪
ここは、ブルゴーニュの森かと思ってしまうかのような時間でした。



c0134260_23394627.jpg我がPandAでは、午前はペーパーマッシュを、午後からはKodomo-Artsを行いました。今回は、5m×90cmの用紙4枚分。下書きをした絵に、子供から、大人まで夢中になって色塗りをしていきます。
カラーペイント、クレヨンで塗ったり、ちぎった折り紙を貼り付けたり。。

c0134260_23424019.jpg
c0134260_23431348.jpg
c0134260_23434196.jpg

c0134260_23444369.jpg
そして、すばらしい絵ができあがりました。
この絵は、4枚をくっつけて、一枚の大きな絵にして、完成です。
11月3日にある、川辺町の文化祭にて、展示する予定になっていますので、観にいらしてくださいね。


そうこうしながら、午後4時で、お祭りは終了。
午前と午後、団体様までいらして、延べ、800人以上。お祭り前の不安を吹き飛ばす、予想外の人出で、想定外の忙しさに全員アタフタしながらも、うれしい悲鳴を上げていました。

川辺焼陶業組合のみなさんとPandAが主催となり、川辺町の力をお借りしつつ、計画してきました。そして、地元の皆様、出店してくださった多くの皆様、ライブパフォーマンスをしてくださった皆様のご協力で、このお祭りを無事終わらせる事ができました。
川辺町としては、最初で最後のお祭りですが、12月より「南九州市」と名前が変わっても、また来年、開催する事が出来たらいいなと思っております。
うれしい事がたくさんありました。でも、いたらぬ所もあり、反省する事も多々あると思います。この後行われる、反省会のとき出たことを参考にして、次回にまた繋げることが出来たらいいなと思っております。
 
ご来場下さった皆様、ほんとうにありがとうございました。
もし、行かれた方がいらっしゃいましたら、是非、コメント覧にて、感想をお聞かせください。

出店・ライブパフォーマンス等、お祭りに参加されました皆様、ほんとうにご苦労様でした。
川辺町の皆様、ご協力、ご指導、ありがとうございました。
あくまでも「手作り」「地元」にこだわったこのお祭り。他には無いお祭りだったのではと思います。

とにもかくにも、無事終わりました。
また来年皆様とお会いできますよう、願っております。
ほんとうに、ありがとうございました。
 
[PR]
# by NPO-PandA-KFS | 2007-10-29 07:00

お祭り準備

こんにちは。管理人のヤマモトです。
昼間はまだまだ暑いですが、さすがに朝晩寒くなってきました。
長袖必要になってきています。そろそろ衣替えしなきゃと思っています。

さて、お祭りまで、1週間を切りました。準備は着々と進んでいます。
日曜日(21日)には、さっそく草刈りや、看板作りをしました。

朝8時に集合。本別府地区(学校のある地区)のみなさん、陶芸組合のみなさん、ボランティアの方、PandAのメンバーで行いました。
c0134260_8371540.jpg


草刈機が大活躍。そして、細かい所は鎌軍団が切っていき、集めた草はトラックで集めで捨てる、スムーズな作業です。
前日の土曜日は、風が強く、この秋一番の冷え込みで、とても寒かったので、日曜日も寒かったらと心配していましたが、前日とは大違い、お天気も良く、日焼けをしてしまうくらい、暑いでした。

c0134260_8381562.jpg
c0134260_8404880.jpg

今回も、ボランティア募集をしていたのですが、実はびっくりな事がありました。
前日、PandAの方に連絡が入り、日本全国を自転車で旅をしている東京のSさん(男性の方)が、インターネットでこの日の草刈り作業を知ったとのことで、是非参加させてくださいとおっしゃったそうです。すごい・・です。前日に川辺入りしてくださるとのことでしたので、学校に泊まってもらって、作業をお手伝いしていただきました。
c0134260_9345723.jpg

本当にありがとうございました。
そして!そのまま鹿児島滞在を続けて、お祭りの日も来てくださるとの事!!うれしいかぎりです。

10時半位に作業が終わり、地区のみなさんと飲物で、一服。
御祭りの打ち合わせをしながら、ミニ交流会。そして解散。
お昼は手弁当で休憩の後、残った、陶業組合の方、Sさん、PandAのメンバーで、看板作りをしました。

森の学校までの道案内用の縦看板や駐車場の看板。
みんな素人ながら、立派な看板ができました。きっと山道途中で不安になっても、この看板があるかぎり、大丈夫でしょう。
c0134260_8422844.jpg

そして、メインの大横断幕。
 陶業組合の方は、お仕事柄絵を描く事が多いですし、うちのぱんださんは、絵描きさんだし、秋の収穫祭にふさわしい、素敵な横断幕ができました。
c0134260_9373335.jpg

 ところで、今回お祭りに急遽参加が決定したイベントがあります。学校のシンボル、大クスの木に「登って遊ぼう!」という企画です。
c0134260_8473738.jpg

 ただの木登り?いえいえ、それはとても素人ではできません。なので、木登りのスペシャリスト、指南役の先生をお呼びしているのです。
 その先生も来られて、ちょっと試し登りをすることになりました。
この木登りは、普通の木登りとはちょっと違うんです。
c0134260_856597.jpgさっそく、ぱんださんが、挑戦することに。。。
安全の為のヘルメット、安全ベルトなどなど、
色々装着していざ開始。

c0134260_857490.jpg先生の指導を受けつつ。。
足で登る・・・というより、ぶら下がって、登っていく感じです。
c0134260_8575136.jpg
c0134260_8583089.jpg


そして、上に着きました~!
c0134260_901226.jpg
c0134260_921519.jpg

なかなか楽しそうですよ。足を踏ん張る力だけで上がって行くので、腕力もいらないらしいです。
きっと、大人から子供まで楽しめるでしょう。
この高さは一番低い高さですが、もっと高くでもできるようです。
終わってぱんださん。一言。
「楽しかった~~!!違う目線で学校見れて、とってもよかったよ~」との事でした。みなさんも当日、是非挑戦してみてくださいね。

お祭り準備は、こうやって、ワイワイ、忙しいながらも、楽しくやれたのでした。
終わった時には、もう真っ暗。。。
c0134260_975568.jpg


お月様もでていました。
c0134260_983434.jpg


スタッフ一同、こうやって、一生懸命お祭りの準備を進めています。
皆様も是非、お越しくださいね~!!
[PR]
# by NPO-PandA-KFS | 2007-10-23 10:30

モノ作りたちによる収穫祭 in かわなべ森の学校   開催します!!

 こんにちは。かわなべ森の学校管理人のヤマモトです。
 南国鹿児島は、昼間はまだまだ暑い。。。
 それでも朝晩は幾分か涼しくなり、秋の気配を感じられるようになりました。
 皆様のところはどうでしょうか?北海道は初雪も降ったとか。
 日本って、狭いようでやっぱり広いのですね。。

 ところで、今日は、とっても楽しい事になるであろう、御祭りのお知らせがあります。

 10月28日 (日曜日) 10:00~16:00

       「モノ作りたちによる収穫祭 in かわなべ森の学校」
 
           
c0134260_9451370.jpg

    【場所】 かわなべ森の学校  
            川辺町本別府3728-2
              国道225線 勝目麓交差点を左折 県道29号線沿い
       *縦看板を準備いたしますので、それを目印にお越しくださいませ
    
  川辺焼という伝統的な焼き物を見事復活させ、地元に窯を持ち、活躍されている、川辺焼陶業組合の方々とPandAが主催となり、川辺町と森の学校のある本別府区のみなさん、森の学校で、グリーンツーリズム活動などを活発にやっておられる、長谷ふるさと村さんの後援で、行う事になりました。

 芸術の秋、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋。。などなど、いろいろありますが、このお祭りは、芸術の秋を基本に、「全て手作りである事」が最大のポイントです。
  川辺焼の陶芸はもちろん、地元ではこういう物ができるんですとか、日頃自宅で手芸品や、雑貨、お菓子など、いろいろモノを作っていますという方々の作品を展示即売します。作品はあるのに、発表する場がない。せっかく作ったのに、「こんなの作ったんです!」って、話す場がない!そういうみなさんが集まる、全て温かい心のこもったぬくもりのある作品ばかりが集結した「収穫祭」なのです。

 また、川辺町は、12月1日で、3町(川辺、知覧、頴娃)が合併し、南九州市となります。
川辺町の「森の学校」としては、最初で最後のお祭りとなりますので、うんと盛り上げていこうと、スタッフ全員はりきっています。

 さて、お祭りの内容をちょっとご紹介したいと思います。

c0134260_1012849.jpg

  
   色々な手作りの作品、新米の販売、手作りの料理が満載です。

   まずパフォーマンスのご紹介。

   地元の神殿小学校のみなさんが演奏する「ほたる太鼓」(11:00~11:15)
   町内の方々で作っている太鼓のグループが勇壮な音で奏でる「磨崖仏太鼓」(13:30~14:00)
  引き馬は、馬事公苑から、サラブレッドのリキオウ君がやってきて、乗馬体験をすることができます(11:00~15:00)(有料 1回300円)
c0134260_233351.jpg

参照:先日行われた、森のお祭りのときの様子です
   



  森の学校を舞台に素敵な音楽ライブも行われます(10:00~16:00)
   
  ワークショップでは、いろいろな体験ができます(一部有料)

  陶芸体験や陶芸の絵付けは、お茶碗、カップ、皿の中から、好きなものを選んで好きな絵を描いて、自分だけの陶器を作ってください。世界で、ひとつだけの一生の思い出になる、陶器ができます。(数に制限がありますので、お早めにお越しください  有料)

  木で遊ぼうは、専門の家具屋さんの指導で、バターナイフやオブジェを作ります 無料)

 ブルーベリーコーナーは、ジャム作りの体験ができます。ブルーベリーのジャムおいしいですよ~!是非自分で作って、おうちに帰ってパンにつけて味わってみてください。(有料)

 我がPandAでは、Kodomo-Arts。。大きな絵を描きます(無料)
 大人から子供まで、みなさん参加してください。特に日々の仕事や家事でストレスがたまりがちな大人の方にはお勧めです。絵を描く事で、子供の頃に持っていた、純粋な心を取り戻せると思います。ほんとうに夢中になってしまいますよ!

 ペーパーマッシュは、新聞紙を使ったカップを作ります。小物入れにも、鉢にも、なんにでもなります。仕上げには絵を描いてあなただけの入れ物を作ってください。(有料)
 
 そして、おなかがすいたら、おいしい食べ物、た~~っくさんありますから、どうぞ沢山食べてくださいね。地元の方々が、心を込めて作って、みなさんがお越しくださるのを楽しみに待っております。
  即売コーナーでは、採れたての新米が販売されます。また、地元で採れたお芋も販売されます。
 手作りのお菓子もたくさん。。。
  
  もう、ほんと、盛りだくさんの内容で、皆様をお待ち申し上げております。

  皆様、是非、お越しくださいね。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。


 【お願い】
 小雨の場合、決行いたします。
  駐車場は準備してございますが、込み合う事が予想されますので、なるべく乗り合いでおこしくださいませ(公共機関は街までしかございません)
  駐車場でのトラブル等、一切主催者側の責任はおいかねますので、貴重品等の管理、駐車の仕方など、各自、お気をつけくださいませ。

  

  【お手伝い緊急募集!】
    1)10月21日(日曜日) 
         午前8時より、かわなべ森の学校にて、草払いを行います。1~2時間程度で         終わります。

       ボランティア作業となりますが、草払いの手伝いと、その後、お祭り用の縦看板
       制作を行いますので、お時間のある方、是非ご協力をお願いいたします。

       草払いの場合、軍手、(ある方は)草刈鎌、帽子、飲物などご準備ください。
       その後、縦看板手伝いをしてくださる方は、各自昼食をご持参ください。
       
    2)10月27日(土曜日)
          午前9時より、会場設営を行います。 

       テント設営等、特に男性の方の手伝いを多数いただきたいので、御協力を
       お願い致します。女性のみなさんもよろしくお願いいたします。
       作業できる服装で、帽子、軍手も必要かと思われます。
       申し訳ありませんが、この日もボランティアとなりますので、飲物、昼食は各自
       御用意くださるよう、お願いいたします。
     
  *ご協力していただける方は、申し訳ありませんが、こちらのコメント欄に書き込みをお願いいたします。(何日に来て下さるかも書き込みお願いいたします)

  *2日間とも、申し訳ありません、ボランティアとなりますが、お祭りを盛り上げる為にも、是非、皆様のご協力をいただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたしたいと思います。


     ******雑誌紹介********
   
 1)川辺焼について 
      雑誌「CROWD」10月号のP.32~P.37にかけて、川辺焼と陶業組合の
      方々が掲載されておりますので、是非御覧くださいませ

 2)雑誌「Tarzan」10月号に、森の学校が掲載されています。
      13ページにわたって掲載されております。是非ごらんくださいませ。


         
[PR]
# by NPO-PandA-KFS | 2007-10-14 00:33