<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

春爛漫です

新年のご挨拶もままならないまま、体調をくずしたり、仕事に忙殺されたりで、あっという間の4月。ここのブログも長いことほったらかしで、まことに申し訳ありませんでした。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。。。

さて、冬の間は、さすがにあまり利用のない学校ですが、それでもおもしろいことがありました。
これから徐々に紹介していきたいと思います。

今回は、今現在の様子を。

さすがに、元小学校だっただけあって、桜の木が何本もあり、今まさに満開状態です。
うぐいすが鳴き、ヤマバトが鳴き。。。いろんな鳥が校庭に遊びにきます。
ほぼ毎日学校の点検に行っているのですが、桜満開の中、だ~~れもいない校庭で、一人お花見。。
独占状態です。。もったいな~だれか、お花見来ないかな~とおもいつつ、楽しんでおります。
    
c0134260_11315788.jpg
c0134260_11321585.jpg
c0134260_1133910.jpg

今週いっぱいはまだまだ楽しめそうですよ。是非お弁当を持って、遊びにいらしてください。
そうそう、高田小学校から、かわなべ森の学校までの道沿いにも、桜がたくさん植えてあるのですが、今まさに、桜満開ロードで、美しいです。

学校内にある、山の水が流れ込んでいる小さな池のところには、クレソンが出てきました。
ちょっとおすそ分けしてもらって、食べてみましたが、中々香りもよくて、おいしいでした。
水がきれいだと、いいですね。そうそう、めだかもいましたよ。
c0134260_11345050.jpgc0134260_11352648.jpg






楠木は新芽がいっぱいです。
落葉樹は、秋に葉が散って、春になったらまた出てきますよね。そして、常緑樹は、私は、適当に葉が落ちて、新芽が出て~と繰り替えさえると思っていました。(私が無知なだけなんでしょうが。。笑)
でも違うんですね。春この季節にいっせいに新芽が出ると、それと同時に、まるで役目を終えたのごとく、今までの青々とした葉っぱが茶色になって、ハラハラと落ちていくのです。
新芽のほうに栄養を行き渡らせるためなんでしょうか。。
なので、春の若葉というと、薄緑、黄緑。。というイメージですが、この楠木は新芽が赤茶色だし、枯葉も同時にあるので、全体的に茶色っぽい木になっています。
桜吹雪と、枯葉吹雪が同時なので、なんだか、変な感じがします。
春と秋が同時にきているような。。。
c0134260_11361524.jpg


ほかにも、花がいっぱい咲いています。
雪柳もきれいだし、ほかにも椿や、菜の花、ちょっと蓮華草も咲いていたり。。
この前までは紫のもくれんが咲いていましたが、さすがに、散ってしまいました。
c0134260_11363053.jpg


先月末、学校の校舎内に、ヤマバト(キジバト)が迷い込んでいました。
ヤマバトって、街中の鳩とちがって、茶色で、模様もとってもきれいなんですね。。
窓際でバタバタしてましたので、窓を開けると元気に山のほうへ帰っていきましたので、ほっとしました。

冬の間はちょっとさみしい学校でしたが、暖かくなってきて、宿泊のお客様もそろそろ来ていただいています。これから、どんどん賑やかになってくることとおもいます。
ご利用や、宿泊予定を考えていらっしゃる皆様、お早めにPandAのほうに、ご連絡をいただければと思います。

これからも、この楽しいかわなべ森の学校をよろしくお願いいたします。

   
[PR]
by NPO-PandA-KFS | 2008-04-07 12:09